奄美方言音声データベース

方言五十音別索引:タ ダ

語彙数:36

1.ターマチジ(名詞)つむじが2つあること、またその人。hizjarimaciziの人よりも乱暴者。
2.ターマフタ(名詞)2重まぶた。[1重より2重の方が美しいとされる。](類)cjomahuta
3.タツぃカラン(動詞)命を取り止められなかった。助からなかった。反対にいったんは死に臨んで、助かったときには、jucibu nu a《命運 が あった》という。
4.ダルサリ(形容詞)だるい(病気で、疲れすぎて、体がぐったりする)。
5.ダルヤミ(名詞)だるくなること(病気で、疲れて、体、手足が)。〜sjuriで《だるくなる》。
6.ダンサジ(名詞)タオル。大正になって本土から入って来た。daNは「蘭」で《洋》の意。西洋から来た手拭い様のものという名づけ方。
7.ダハナンこガサ(名詞)竹の皮で編んだ笠。耕作などをするときの日除けにかぶる。(類)xaburigasa
8.ダンガサ(名詞)こうもり傘。≪洋傘≫の意。明治の末ごろ本土から入って来たが、高価で一般の人はあまり用いることが無かった。男は黒木綿、女は同じく黒木綿の小ぶりのものを使った。大島では作らなかったので、初めは珍しく、次のような歌が歌われた。 xana nu 'jamaomjaage 'jaa xoomoridaNgasaQkwa 。≪恋人 の 本土からの土産は こうもり洋傘。≫(類)xasa
9.ダルヤムぃ(名詞)毎晩酒を飲むこと。晩酌。面と向かって言ってかまわない。
10.ダグ(名詞)団子。もち米とうるち米とを混ぜて粉にひき、水を加えて丸い形に小さく り、蒸すか、茹でるかする。米以外にonokiN《コウリャン》でも作る。主な団子はヨモギ入りのもので、3月3日の節供に作る。(類)'warimuci
11.ダヒチャミシ(名詞)水分の多い飯。
12.ダンポ(名詞)ランプ。天井から室の中に掛金を下げて掛けるsagdaNpo、小箪笥などの上に置く'isidaNpo、などがあった。明治の始め、あんどん
13.ターヌキ(名詞)Nnu'u《背負いかごの紐》の作り方の1つ。材料の繊維を右縒り、左縒りにしたもの2本を1組として並べ、2筋の緯糸を左右から、1目くらい離して通していく。tnukiにくらべて手間がかかるが、仕上がりはきれいである。男が夜なべ仕事で作って、恋人に贈ったりした。
14.タツぃマた(名詞)oog《金鍬》の一種。さきが2股になっているのでこの名がある。他の鍬にくらべて、さき、すなわち土に当たる部分が長く、柔らかい所を深く掘るのに用いる。深田などによい。またいもを傷つけないのでサツマイモを掘るのにも用いられた。
15.ダキビングヮ(名詞)hadabiNgwaに同じ。懐に抱くので、こう言う。(類)saNgozehe
16.タックヮ(名詞)ふた子。双生児。[ふた子は血統によるものとも、天罰によるものとも考えられており、恥ずべきものとされていた。2卵生双生児の男女は夫婦にすべきだとして、非常にいやがられていた。]
17.ダキクシェ(名詞)抱きぐせ。
18.タオヤ(名詞)ふた親。両親。o'jataariとも言う。(類)xaao'ja
19.ダージン(名詞)なにじん。外国人の出身地を聞くことば。日本人に対して、大島の人か、本土の人かを聞く場合、また大島の中で、どこの出身かを聞く場合は、daa nu cju≪どこ の 人≫という聞き方をする。
20.ダいダいゴーシかク(名詞)代々郷士格。親から子へ次々相続するもので、どういう資格の者がこれになれるかは、(類)goosixaku. 1代郷士格に対する。
21.ダいけぇンシュ(名詞)aNxe'iの別称。
22.ダンかンバシ(名詞)欄干のついた橋。明治29年、大和浜方恩勝村永良の堤防にかけてあった橋を、大和村中道より現在の位置に県費でかけかえたものが大島のdaNxaNbasiの始まりという。[大和村役場記録]長田の父の話によれば、大和川の両岸には老マツが枝をたれ、潮が川を逆上ってくる満月の夕の美しさは格別だったというが、今ではマツは切られ、川幅は狭くなってその俤を失った。
23.ダレルリ(動詞)萎れる(草、花、葉などが)。
24.ダハナ(名詞)竹の子。竹の子の種類は多く、3月ころxosaN《ホテイチク》、4月ころmadehe《マダケ》、次にmoosoodehe《モウソウダケ》、旧盆のころから9月ごろまでkiNjehe《ホウライチク》やoodehe《ダイサンチク》、という順にそれぞれの竹の子が出て来る。種類も数も豊富で、茹で汁に漬けたものを店頭で売っている。また干して貯蔵もする。現今は大島で野菜を作ることが少なく鹿児島からの移入に頼ることが多い中で、干竹の子を売っているのが目立っている。竹の子は大島料理に欠かせないものの1つである。
25.ダラゲぃ(名詞)タラノキ。若芽は食べられるというが、長田は食べたことはない。
26.ダンベェ
27.ダいたン(名詞)大胆(ものを恐れない。度胸のあるさま。×ずぶとい、というような意味には使わない)。
28.ダいたンムン(名詞)大胆な人。
29.ダク
30.ダンダン

[001] [002]

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ