奄美方言音声データベース

方言五十音別索引:ナ

語彙数:218

1.ナマミ(名詞)生身。(人の)生きているからだ。傷ついたり病んだりするものとして。
2.ナガガマチ(名詞)長い頭。たとえば7福神のほていのようなのを言う。
3.ナズぃキ(名詞)脳天(急所としての)。頭のてっぺんに物をのせて運ぶときにはxamaci naN mun xamruri.と言う。ただし、この風習は、大島本島にはない。
4.ナガズぃラ(名詞)長い顔。人並以上に長い場合は悪口になる。(類)aNcra
5.ナビチキズぃラ(名詞)垢じみて、あるいは鍋墨などがついて、黒く汚れた顔。首などまで垢で汚れている。nabicikiは《おこげ》の意。(類)ma'jazra.
6.ナキズぃラ(名詞)泣いている顔。泣いたあとのはっきり残っている顔。悪口にも言う。これから泣きそうな顔は、naxo naxo sjuN cracki と言う。
7.ナダ(名詞)涙(悲しくて、目にごみが入って、などで出る)。mnadaとも言う。
8.ナゲぃバナ シュリ(連語)手鼻をかむ。bana ururiとも言う。
9.ナマバ(名詞)生まれつきの歯。(対)iriba
10.ナマアクビ(名詞)気分の悪いとき出る、またnoroや'joaが神がかりするときする、弱いあくび。(類)akubi
11.ナブぃラジ(名詞)垂れ下がった乳房。醜いとされる。(へちま乳)の意
12.ナデぃガた(名詞)撫で肩。(女が着物を着こなすのによいとされる。)
13.ナガネ(名詞)〈1〉背筋。脊柱。(類)nagaNbun〈2〉着物の背縫いの部分。
14.ナハイブぃ(名詞)中指。(類)gosuN
15.ナガズぃムぃ(名詞)ほっそりと長い爪。器用だと言われる。(対)maruzm
16.ナキアザ(名詞)泣きぼくろ。azaを見よ。
17.ナガンブヌぃ(名詞)背骨(人、動物の。kubiNbun《頚の骨》から下。)
18.ナスリ(動詞)生む(人、動物が子を。ニワトリ、鳥、ハブ、カメなどが卵を。×虫などが卵を(類)hikeruri)。(類)xoga
19.ナサスリ(動詞)生ませる。生むようにしむける(人、動物に子を、ニワトリなどに卵を)。(類)nasuri
20.ナマミ(名詞)生きている身体。なま身。
21.ナガイキ(名詞)長生き(する)。(対)'wahaziN(sjuri)
22.ナガワズぃレ(名詞)長患い。(類)'jode'jami
23.ナツぃかゼヒキ(名詞)夏風邪。
24.ナツぃメぇヘぇ(名詞)夏負け。
25.ナバンガサ(名詞)梅毒。
26.ナマキズぃ(名詞)生傷。(対)hurukiz
27.ナガチ(名詞)婦人病の総称。一般には、近代医学による病名浸透していなかったから、婦人病一般をnagaciといっていた。
28.ナハ ヌ アングヮ ヌ キン(連語)沖縄の遊女の着物。明治以前には、階級によって着物の柄の大きさが決められており、大柄の着物は貴族でないと許されなかったのだが、遊女の場合はそのきまりにかかわりなく、大柄の着物が黙認されていたようである。(類)aNgwa
29.ナマバシャギン(名詞)生バショウの繊維で織った着物。ijubasjagiNに同じ。(類)namabasja、niribasjagiN
30.ナガジバン(名詞)長襦袢。明治末本土から入って来て、上層の女が着た。本土の物と同じで、材質は主としてメリンス、縮緬などである。

[001] [002] [003] [004] [005] [006] [007] [008]

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ