宮古方言音声データベース

方言五十音別索引:オ

語彙数:41

1.オー(動詞)喧嘩する。
2.オー(名詞)喧嘩。なぐりあうほどの喧嘩。
3.オー(感動詞)(上の者に向かって)いいよ。承諾の場合。
4.オー(名詞)青。木の若芽色。木の葉の色。空の色。カラーコーデイネイトシステムによる色の範囲についての記述あり。参照。
5.オーバツ(名詞)おおはなあぶ。(<青蝿)
6.オーバい(名詞)青蠅。
7.オーダ(名詞)もっこ。なわで編み目状に編んだもの。四角にひもをつける。肥料や石ををもちはこぶ。
8.オーダンヤむ(名詞)黄旦。
9.オーディン(名詞)青空。
10.オードゥーキ(名詞)(1)きれいな、すみきった肌。いい状態。 (2)頭をきれいに青々と剃りあげた状態。(3)日本晴れ。
11.オーフスゥ(名詞)緑便(病気)。
12.オーガンクいマ(名詞)しみ。老人の顔にできるしみ。長寿の相。/海藻の名でもある。
13.オーゴー(名詞)青い線香。円いもの。本土産の線香。近代的なもの。
14.オーギィ(名詞)うちわ。扇。(クバの葉でつくるのが普通。センス、扇はなかった)
15.オーギィ(動詞)扇ぐ。
16.オーハイ(感動詞)火事を発見したときの呼び声。火事が鎮まるまで言っている。魔除の意味もあるか。そのとき、[pakamaパカマ](パンツ)をふりつつ叫ぶ。
17.オーカビィ(名詞)青かび。味噌の麹のこと。見た目には黄色い。
18.オーク(名詞)天秤棒。
19.オーマツ(名詞)鯛の一種。アオマチ。大きい魚。青い細長いもの。cyky ツ? [突く]ksy ?ス [釣る] zzu いズゥ がつかない。
20.オーマミ(名詞)青豆。緑豆。煮たり、ぜんざいにしたりして、食う。taramamami タラママミ ともいう。
21.オーマミガマ(名詞)緑豆。ぶんだうあづき。やえなり。煮たり、ぜんざいにしたりして食べる。大豆餅の大豆の代用。搗いて、[mamicykyマミツキィ]にして食べる。小豆よりもやや小ぶりの、表面の緑色をした豆。モヤシはこれから作る。[taramamamiタラママミ]ともいう。豆をさやからとって干さなくてはならぬので、作らなくなった。(<青・豆)
22.オーマシャ(名詞)うぐいす。
23.オーミー(名詞)(1)青い目。青い目の人。西洋人のことをさす。(2)サシバの種類の一つ。青味がかっていて、羽はきれいでない。これはオスだ。体も多少ちいさい。売ると35セント。
24.オーミガタ(名詞)いなご。砂糖黍につく。食べた。(三島ogata オーガタ)
25.オーミムヌ(名詞)臆病者。
26.オーミュー(名詞)深い海。海の青黒くて、深いところ。その場所についていう。恐いようなところ。舟の通るところ。魚の取れるところという感じはない。(<青・澪)
27.オームリャ(名詞)コバルトスズメ。ごく小さな魚。熱帯魚の紫色。食べない。群れて遊ぶ。zzu いズ がつかない。
28.オーナバ(名詞)水垢。水に浮かんだ青いもの。
29.オーナギィ(名詞)青大将。へびの種類。
30.オーナズバヴ(名詞)あかまた。蛇の一種。大型(二mぐらい)の蛇。無毒。ハブより強く、[onazybavオーナズバヴ]のいるところにはハブはいないといっていた。

[001] [002]

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ