宮古方言音声データベース

方言五十音別索引:ナ

語彙数:222

1.(助詞)疑問の助詞。-na −ナ, -nuga −ヌガ, -na −ナー, -ga −ガ などの疑問の助詞の比較の例文あり。参照。
2.(名詞)菜っ葉類。
3.(助詞)禁止の助詞。-na −ナ, -nuga −ヌガ, -na −ナー, -ga −ガ などの疑問の助詞の比較の例文あり。参照。
4.ナー(名詞)(1)名前(物の)。姓。父は元服のとき、偉い人の姓をもらってくる。父は junabaru ユナバル、祖父は tatecy タテツ、曾祖父はisihara イシヒラ。自分は祖父にあやかって tatecy タテツ というna ナー(姓)をもらった。子と親は必ず姓がちがっていた。明治維新のとき、祖父の姓に改姓した。元康氏の父もjunabaru ユナバル をtatey タテい に変えた。女は姓もなく、共通の一字漢字もなかった。姓が違っていたため”元”を動かさなかった。しかも「元○」という位置も動かさなかった。名はあやかるためのもので、弁別のためのものではない。士族の場合、共通の漢字を用いるが、これは易学から決めたり、童名のときと同様、(名前を書いた紙をお盆の上に置き)ふって、落としてきめたこともあったかもしれない。えらい人が名付け親になることもあった。たいていは一家の主(祖父が存命なら祖父)が決めた。長男から四男まで同じ名である例がある。ajakaz アヤカい ためか。屋号
5.ナー(名詞)縄。
6.ナー(名詞)菜。菜っ葉。
7.ナー(助詞)疑問の助詞。尻上りのイントネーションになる。-na −ナ, -nuga −ヌガ, -na −ナー, -ga −ガ などの疑問の助詞の比較の例文あり。参照。
8.ナー(名詞)菜っ葉類。
9.ナービヌ クー(名詞)鋳掛け屋。鍋をつくろって歩く商人。nabinu ku ナービヌ クー と呼んで歩いた。
10.ナーツキ(名詞)名付け。nafi ナーフィ とも言う。
11.ナーツキヨーい(名詞)命名式。子供の名前をつける儀式。
12.ナーツ?ギィン(名詞)名付けのときに着せる白い木綿の着物。
13.ナーツキィヨーい(名詞)命名式。子の名をつける祝い。生まれてから四日め、八日め、十日めに何かのお祝いをするが、そのいずれかの時に名付け式をする。時間もあげ潮(agisu)のときにする。名を書いた紙をのせた盆を振るのは神様仏様の前でしかも家長がする。 nafijoz、nazykijoz とも言う。お盆の上にのせて振るのは、長男の場合はしない。したがって同じ名となる。お盆の上にいい名、成功者の名を四つ五つのせる。『宮古庶民史(P.258)』童名は民間の習俗として普通祖父または義理父の童名を継ぐようになっている。
14.ナードーイ(名詞)切れてとんでいく凧。namacyv ナーマツヴ の場合も、tati'ukusi タティウクシー の場合もある。
15.ナーフィー(名詞)名付け。
16.ナーフィー(名詞)名付け。nacyki ナーツキ とも言う。
17.ナーフィーヨーい(名詞)命名式。子の名をつける祝い。生まれてから四日め、八日め、十日めに何かのお祝いをするが、そのいずれかの時に名付け式をする。時間もあげ潮(agisu)のときにする。名を書いた紙をのせた盆を振るのは神様仏様の前でしかも家長がする。nacykyjoz、nazykijoz とも言う。お盆の上にのせて振るのは、長男の場合はしない。したがって同じ名となる。お盆の上にいい名、成功者の名を四つ五つのせる。『宮古庶民史(P.258)』童名は民間の習俗として普通祖父または義理父の童名を継ぐようになっている。
18.ナークー(ンチュ)(名詞)沖縄の人の言葉。宮古のならず者という意味。悪口。宮古出身者で犯罪を犯す者が多い。(<mjaku ミャーク 宮古)。沖縄の人は宮古の人をよく使わない。
19.ナーマツヴ(名詞)凧のけんか。とばす糸na ナー をもつれさせるの意。二つの糸で切り合いをする。糸の長さを同じにしておく。??にするために先に走って行って行って、競っておとす。体の強いことを要する。
20.ナーヌファーシンシー(名詞)(菜の花)体操をすると髪の毛がゆるぐ。福嶺小学校へ転任したときのあだな。
21.ナーヌパーイル(名詞)菜の葉色。病人の顔色についていう。
22.ナースプギィ(名詞)縄の帯。茅、藁で作った。労働のとき。
23.ナーズゥー(名詞)菜っぱ。
24.ナーズゥー(名詞)菜っ葉のお菜。
25.ナーズキヨーい(名詞)命名式。子供の名前をつける儀式。
26.ナ???(名詞)鍋をつかむもの。
27.ナバ(名詞)あか(垢)。着物のよごれ,?物などのよごれにもいう。
28.ナバニ(名詞)梅毒。*南蛮 nabani ナバニ
29.ナビ(名詞)鍋。おもに汁用の鍋をいう。鉄製。
30.ナビフタ(名詞)茅をクロツグmami マーミ で結んで作った、大きな鍋の蓋。芋を蒸すのに使う。

[001] [002] [003] [004] [005] [006] [007] [008]

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ