宮古方言音声データベース

方言五十音別索引:ン

語彙数:72

1.(助動詞)へ、に。=-nkai -ンカイ ともいう。格助詞。用例あり。
2.(接尾辞)棒状のものを数える単位。
3.〜回。
4.ンー(感動詞)(下の者に向かって)いいよ。承諾の場合。
5.ンーカい(形容詞)似ている。
6.ンーカい(名詞)宮古上布を織るときに、糸につける糊。宮古上布を織るとき機の糸(糸を巻き付けてあるもの)にぬりつける糊。それを塗ってからでないと織れない。
7.ンギ(名詞)あだんに似ているが木になってはのびない。這うが立たない。葉を取ってカゴを作り、ぞうりや帽子を作る。× ngi()gi ンギ(ー)ギー
8.ンギビーガマ(名詞)アダンの葉のラッパの口につける笛。(ngi ンギ・ピーとなるもの)。『沖縄わらべ歌風土記=子供の遊びとわらべ歌=」(琉球新報社編、永山絹江著。沖縄風土記社)の番号(3)
9.ンギヤマ(名詞)アダン林。
10.ンギヌパー(名詞)あだん葉。篭などの材料になる。
11.ンギラッパ(名詞)アダン葉のラッパ。[ngiンギ](アダン葉)をまきつけてつくる。口さきには葉をつけて鳴るようにした。柄もつけた。枯れるとダメになる。rappa ラッパ ともいう。『沖縄わらべ歌風土記=子供の遊びとわらべ歌=」(琉球新報社編、永山絹江著。沖縄風土記社)の番号(2)
12.ンギサバ(名詞)あだんの葉を編んでつくった草履。あだん葉[ngiンギ]を細かく切って干し、綱をつないで草履をつくった。士族のみ。男女用。
13.ンギい(動詞)ぬける。
14.ンギい(動詞)握る。kacymiz カツミい よりも強く、また、指を曲げた手のひらの中にもつこと。手の内に入るものについてしかngyz ンギィい とは言わない。
15.ンギャーンギャ(形容詞)苦い。ngjamunu,ngjafutuay ンギャムヌ、ンギャフトゥアい
16.ンギャマスーンギャマス(形容詞)(車が、うちのなかで子どもが騒いで)やかましい。騒がしい。ngjamasmunu(ンギャマスムヌ),ngjamasfutu ay(ンギャマスフトゥアい,ngjamas(ンギャマス)やかましい。
17.ンギャナ(名詞)ほそばわだん。キク科。(<苦菜(にがな))。野菜として食べる。このごろは八百屋でも売っている。さしみのツマともする。海辺のニガナと山のそれとちがう。[im'ngjanaイむンギャナ](海苦菜)。単に[ngjanaンギャナ]といえば、陸の苦菜をいう。
18.ンギャタキ(名詞)細い竹。蓬莱竹らしい。(?<いがい竹)。
19.ンギャい(名詞)胆嚢(たんのう)。または、胆汁(たんじゅう)にもいう。
20.ンギィ(動詞)抜く。一本一本取り去る。釘を抜く。(栓を)抜く。袴下駄、足袋など。
21.ンギィ(名詞)とげ。からだにささったとげ。抜いてしまうと、tugja トゥギャ に返る。体のなかにはいったもの。tugja トゥギャ (外にあるものとしてのトゲ)と区別する。
22.ンギィ(名詞)右。
23.ンギィヤライ(名詞)着物の右前。男の着物の着方。左が上にくる。
24.ンギィユカーラ(名詞)右横。
25.ンギィピィダい(名詞)右左。
26.ンギィタいツキィ(名詞)先月。 fitazcyky フィータいツ? とも言う。
27.ンカ(名詞)糠。
28.ンカイ(助詞)へ。格助詞。-n −ン ともいう。1036頁に-gami −ガミ (まで)との比較の用例あり。参照すること。
29.ンカイノー(名詞)お盆のとき、墓までいかずに、道ばたで墓に向かって拝むこと。説明あり。参照。
30.ンカイヌ パズラ(名詞)ンカイ(地名)の酒の大樽。

[001] [002] [003]

管理者へメール ホーム 見出し語検索 標準語五十音別索引 方言五十音別索引 カテゴリー別索引 品詞別索引 ひとつ前に戻る ヘルプ